子どもの身長を伸ばすために気をつけていること

子どもの身長が低いと悩みますよね。
特に男の子だと、男は身長が高い方がいいよね~と思ってしまったりもします。身長が低いことは、成長ホルモンの分泌が不足していることにより起こる可能性があります。
そうなってくると専門の病院で治療が必要になるかもしれないので、子どもの身長は、伸び具合がどうなっているかは親として気をつけておかなくてはと思います。

産まれた時の身長と今の身長から、成長度合いをチェックできるサイトもあるし、小学校になると、学校の保険だよりで低身長についてのことが載っていたりもするので、チェックしておくことをおすすめしたいです。
ホルモン分泌に問題がなかったとして、子どもの身長を伸ばすのに必要なことは「睡眠」「食事」「運動」の3つです。
睡眠は、眠っている間に成長ホルモンが分泌されるので、しっかり眠ることが大切です。
特に成長ホルモンは22時以降から分泌されやすいという説もあるので、寝ればいいということではなく、子どもは早めに就寝させた方がいいです。

食事は、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などがいいとされているようです。ですが、牛乳飲めば伸びるとかということではなく、バランスのいい食事を心がけていれば大丈夫みたいです。子どもの身長を伸ばすとして、牛乳に溶かして飲むものやサプリメントもあるので、好き嫌いが激しくて必要な栄養が取れてないかも?と思う時は、このような栄養補助食品を使ってみるのもいいかもしれないです。
我が家は、子どもの好き嫌いが多いので、サプリメントに頼りたい気持ちもあるのですが、今のところは、ヨーグルトを選ぶ時にビタミンDが豊富に入っているものを選ぶとか、お菓子はカルシウム入りのウエハースにしてみるとか、日常で簡単にできることを意識することを行ってます。

運動、こちらも、あまり外で遊びたがらない子だと、家の中でごろごろゲームしてたりして運動不足になりがちですよね。
しかし、小学生から中学生あたりまでは、成長のためにも適度な運動はとても大切みたいなので、意識して身体を動かした方がいいです。
野球やサッカー、スイミングなどの習い事をやらせてみてもいいし、土日は親子で公園に行って親子で身体を動かすとかでもいいかもしれません。中学生になると親子で公園というわけにはいかなくなってきますが、運動系の部活に入れば運動量も多くなるので、子どもの希望次第ですが、部活で運動させるのもいいですね。

身長は遺伝も関係すると言われているので、睡眠、食事、運動に気をつけてみても、身長が伸びるとは限りませんが、この3つは身長のことに限らず、健康な身体を作っていくという意味でも大切なことばかりなので、身長の悩みがなかったとしても、気をつけることは大切だと思います。

子供の身長を伸ばすには?

子供を育てている方の多くは、子供が健康で丈夫な体に育ってほしいと思うことでしょう。
その際に体重などは日頃の食生活である程度管理可能ですが、身長をどうやって伸ばそうか悩んでいる方も多いと思います。そこで、どのようなことをしたら子供の身長が伸びるようになるのでしょうか。

まず思いつくのは食生活だと思います。昔から身長を伸ばす際には、牛乳などのカルシウムを多く含んだものを食べることが一般的な方法でした。
しかし、カルシウムには身長を伸ばす効果はありません。身長を伸ばすにはタンパク質の摂取が大切になってきます。そのため、毎日タンパク質を多く含んだ食事を作ることが大切です。
しかし、タンパク質を多く含む食品には脂質も多く含まれていることがあるので、取りすぎることのないように、毎日のバランスを考えて十分な量のタンパク質を取ることが大事です。

子供の身長を伸ばすには、運動をすることも大切です。その中でも特に効果的なのが、体全身を使った全身運動です。
身体をひねったり曲げたりすることで、体全体を動かす刺激により軟骨に栄養を届けさせ、関節液の循環を良くなり骨の成長を伸ばすことが出来ます。そのため、子供によく外で遊ばせることが大事になってきます。

夜にしっかりとした睡眠をとることで、成長ホルモンの分泌を促すことができます。成長ホルモンは骨が成長する際にもっとも重要な成分になってきます。成長ホルモンは昼間活動していたり食後にも分泌されていますが、最も分泌されるのは夜の寝ている時間です。
夜にしっかりと長時間熟睡することで成長ホルモンが多く分泌されることになり、身長が伸びることにつながります。

ここで子供の身長を伸ばす際に気をつけなければならないことがあります。
それは、子供に身長を伸ばせたいあまりに過重なプレッシャーを与えることです。親が子供の身長が伸びないことを気にしすぎてしまうと、それが子供にとってのストレスとなってしまう場合があります。
ストレスを感じさせすぎると、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。
そのため、あまり子供の身長が伸びなくても気にしすぎないようにしましょう。
ただ、あまりに身長が平均より低い場合や身長の伸びが悪くなった場合は、成長ホルモンの分泌不全などの可能性があるので、医師などに相談することも必要になってきます。

子供の身長を伸ばす効果的な方法は、食生活の改善とよく外で遊ばすこと、そして夜に十分な睡眠を取らせることの三つです。
このことに気をつけて、子供を育てることで身長を伸ばすことが出来ます。