子どもの身長を伸ばすために気をつけていること

子どもの身長が低いと悩みますよね。
特に男の子だと、男は身長が高い方がいいよね~と思ってしまったりもします。身長が低いことは、成長ホルモンの分泌が不足していることにより起こる可能性があります。
そうなってくると専門の病院で治療が必要になるかもしれないので、子どもの身長は、伸び具合がどうなっているかは親として気をつけておかなくてはと思います。

産まれた時の身長と今の身長から、成長度合いをチェックできるサイトもあるし、小学校になると、学校の保険だよりで低身長についてのことが載っていたりもするので、チェックしておくことをおすすめしたいです。
ホルモン分泌に問題がなかったとして、子どもの身長を伸ばすのに必要なことは「睡眠」「食事」「運動」の3つです。
睡眠は、眠っている間に成長ホルモンが分泌されるので、しっかり眠ることが大切です。
特に成長ホルモンは22時以降から分泌されやすいという説もあるので、寝ればいいということではなく、子どもは早めに就寝させた方がいいです。

食事は、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などがいいとされているようです。ですが、牛乳飲めば伸びるとかということではなく、バランスのいい食事を心がけていれば大丈夫みたいです。子どもの身長を伸ばすとして、牛乳に溶かして飲むものやサプリメントもあるので、好き嫌いが激しくて必要な栄養が取れてないかも?と思う時は、このような栄養補助食品を使ってみるのもいいかもしれないです。
我が家は、子どもの好き嫌いが多いので、サプリメントに頼りたい気持ちもあるのですが、今のところは、ヨーグルトを選ぶ時にビタミンDが豊富に入っているものを選ぶとか、お菓子はカルシウム入りのウエハースにしてみるとか、日常で簡単にできることを意識することを行ってます。

運動、こちらも、あまり外で遊びたがらない子だと、家の中でごろごろゲームしてたりして運動不足になりがちですよね。
しかし、小学生から中学生あたりまでは、成長のためにも適度な運動はとても大切みたいなので、意識して身体を動かした方がいいです。
野球やサッカー、スイミングなどの習い事をやらせてみてもいいし、土日は親子で公園に行って親子で身体を動かすとかでもいいかもしれません。中学生になると親子で公園というわけにはいかなくなってきますが、運動系の部活に入れば運動量も多くなるので、子どもの希望次第ですが、部活で運動させるのもいいですね。

身長は遺伝も関係すると言われているので、睡眠、食事、運動に気をつけてみても、身長が伸びるとは限りませんが、この3つは身長のことに限らず、健康な身体を作っていくという意味でも大切なことばかりなので、身長の悩みがなかったとしても、気をつけることは大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です